プログラミング教育とは

3riyu2.jpg


 1riyu2.jpg

各国で進むプログラミング教育。日本においては、2016年4月、文部科学省が2020年度から小学校におけるプログラミング教室を必修化すると発表しました。目的は「どのような職業に就くとしても、時代を超えて普遍的に求められる力として『プログラミングの思考』を育むこと」と定義されています。つまりプログラミングを通して「考え方を学ぶこと」が重要であると言われています。
2riyu2.jpg

経済活動の多くをロボットが担う新時代。今後10年~20年以内に労働人□の49%が人工知能やロボットに代替され、残るのはクリエイティブで非定型な仕事のみと予測されています。教育現場では2020年からの大学入試制度改革が決定し、これからの試験で求められる能力(論理的思考力・応用力)を鍛えるためにはプログラミング教室が最適であると注目されています。

3riyu3.jpg

今や生活に欠かせないものになったIT技術。あらゆる産業においてIT技術は拡大し続けており、lT人材の世界的な不足にともなって、優秀なエンジニアの争奪戦が繰り広げられている状況です。ロボットに使われるのではなくロボットを操り活用する力を身に付けるのがプログラミング教室です。